< 五月&May&ラトのワンコ物語 迷子犬ジュンがくれた1856日 Part11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷子犬ジュンがくれた1856日 Part11

                ラトがやって来た


 平成19年6月16日お友達の家でミニチュアダックスの赤ちゃんが生まれた。


レイン&ラトのお散歩だ~い好き

最近、動く事が少なくなったおじいちゃんとおばあちゃんに飼ってもらおうと、


1匹譲っていただくようにお願いしていた。(小さい犬なら年寄りでも、散歩できるし運動にもなる。


お世話で忙しくなったら喧嘩している暇もなくストレスも溜まらない。)でも、この作戦は失敗。


「飼う気は無い。」


と簡単に断られてしまった。


 犬好きな私、こんなことで諦める訳がない。


「私が飼う。ジュンと2匹ぐらいなら散歩だって大丈夫。


うちで飼えば時々おじいちゃんとおばあちゃんに散歩させられる。任せなさい。」


ってな訳で、うちで飼う事に決めた。


 8月1日、生後45日のミニチュアダックスがやってきた。名前は「ラト」子供達がつけてくれた。


なんでもアニメに出てくる可愛い女の子の名前だとか。


その名のとおりラトは可愛くて歩くのもヨタヨタの手のひらサイズ。


ジュンの尻尾の大きさもなかった。ジュンもどう扱ったらいいのか戸惑っていた。


この日から3人(私と2匹)リビングで一緒に寝ることになった。


レイン&ラトのお散歩だ~い好き

 あまりにも大きさが違うので、一緒にするには勇気がいった。


何とかなると思いながらも怖かったし、どんな風に一緒にしたらいいのかわからない。


ジュンはラトのサークルを引っかき、ワンワン吠える。


落ち着かず、動物園のトラのように、あっち行ったり、こっち来たり。見ている方も落ち着かない。


思いきってラトをサークルから出してみた。するとジュンがラトの身体中をペロペロなめだした。


ラトはお風呂に入ったようにボトボト、逃げ回ったりもしなかった。


それからはジュンがサークルを引っかく事も、吠える事もなくなり、思ったより早く2匹は仲良し兄妹になった。


散歩は、ラトが3回のワクチンが終わるまで一緒には行けない。


それでもジュンの散歩の時間になると行きたがりクンクン鳴くので、ラトを鞄に入れ、連れて行った。


8月2日から9月24日まで毎日朝夕一緒の散歩となった。


 ジュンの七光りか、ラトのオーラか、鞄の中のラトも一躍狭山池の人気者になり、


ジュンちゃん、ラトちゃんと、みんなから可愛がってもらった。


「ジュンちゃん可愛そうだね。ラトちゃんにお母さん取られて、愛情減って。寂しいだろうね。」


そんな事を言う人がいた。でも私は


「それは違う。それは犬好きでない人の言う事。犬好きは、2匹飼うと、愛情は2倍になり、


3匹飼うと3倍になりと、どんどん増えていく。減る事はない。」


と自信をもっている。(そうですよね、犬好きさん。でないと沢山の犬飼えませんよね。


何匹飼っても、1匹に対する愛情は一緒ですよね。)


そして9月25日からいよいよ2匹一緒に歩いての散歩が始まった。


でも、一緒に歩いたのはたった3日で、こんなに小さいラトに


「お母さんとお父さん、そしてお兄ちゃん達頼んだよ。」


と託して、ジュンは遠い世界へ行ってしまった。


ラトが来て2ヶ月、歩き出して3日、ラトが家族として溶け込んだこの時期に、早すぎる。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジュンママ

Author:ジュンママ
★五月…2015.5.10生まれ
 シベリアンハスキーの女の子

★May…2015.5.10生まれ
 シベリアンハスキーの女の子

★ラト…2007.6.16生まれ
 ミニチュアダックスの女の子

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。