< 五月&May&ラトのワンコ物語 迷子犬ジュンがくれた1856日 Part10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷子犬ジュンがくれた1856日 Part10

平成17年8月、主人の母が倒れた。


頭の手術をしたので、毎日の病院通いと付き添いのために病院で泊まったりと、


ジュンの事は子供任せの日々。


ついに付けが回ってきた。


8月、9月、10月と毎月1回は下痢で獣医さんにお世話になり、11月には立てなくなった。


レイン&ラトのお散歩だ~い好き

何とか立たせて朝夕の散歩は階段のないところを少し歩いて終わりにする日が一週間続いた。


12月に入って散歩はいつも通りに池1週コース歩いたが、


31日のうち11日下痢を繰り返し体重は10キロ減った。


うちに来てから徐々に増えて、バランスの良い身体つきになっていたのにこのときにまた


、元に戻ってしまった。


どんどん痩せていくジュン、見ていても可愛そうだった。ご飯もほとんど食べない。


レイン&ラトのお散歩だ~い好き

 翌年、獣医さんの勧めで、肝臓、腎臓、甲状腺の検査をしてもらった。


そして甲状腺が悪い事がわかり毎日薬を飲むようになった。


それからも体重は増えなかったが、下痢も常備薬として病院で処方してもらった薬で治るようになり、


注射をしてもらうほど悪くはならなかった。


 ジュンは少しずつ元気になっていった。


「あの時は、ジュンもう駄目かと思った。」


散歩仲間は言う。それほどひどい状態だった。それから1年7ヶ月元気で毎日楽しく散歩できた。


 写真の顔つきで、どれだけ元気になったかは、ひと目で分かる。


レイン&ラトのお散歩だ~い好き

 平成18年10月24日(火)19時30分過ぎ、


突然の嘔吐とけいれんと失禁があり動物病院へ連れて行ったことがある。


「てんかん」と診断された。


血液検査も異常なしで、この後一度もてんかんはおきなかった。一過性で終わった。


 この日から、ジュンが亡くなるまでの11ヶ月は、特に大きな病気もせず、元気に、お散歩の毎日。


そして、ジュンが元気で病院通いがない時に、お母さんが転んで怪我をして病院通い。


「ジュンの病院行きがなかったらお母さんが病院?やっぱりお金かかるなあ。」


という笑い話もあった。


 獣医さんには、色々な事いっぱい助けてもらった。


ジュンはきっと喜んでいたと思う。


病院の長いすの下に隠れて出てこなかったり、(自分では隠れてるつもりでもお尻は出ていたよ。)


車から降りなかったり、


病院は嫌いだったかもしれないが、先生の事は大好きだった。


嫌いだったら噛み付いていたと思う。先生ありがとう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジュンママ

Author:ジュンママ
★五月…2015.5.10生まれ
 シベリアンハスキーの女の子

★May…2015.5.10生まれ
 シベリアンハスキーの女の子

★ラト…2007.6.16生まれ
 ミニチュアダックスの女の子

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。