< 五月&May&ラトのワンコ物語 迷子犬ジュンがくれた1856日 Part1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷子犬ジュンがくれた1856日 Part1

2007年9月28日(金)に虹の橋へ行った、我が家の先代犬ジュン。


ジュンとの思い出を本にしたジュンママ。


某出版社に応募して121万7千円で自費出版出来ると言われ断念。


そのままPCの中で眠っていたのですが、このたびブログで紹介する事に。


お付き合い下さい。


         迷子犬ジュンがくれた1856日

             レイン&ラトのお散歩だ~い好き

ジュンは私たち家族に幸せを運んできてくれました。

ジュンと歩いた狭山池・・・

お母さんを散歩させていたシベリアンハスキー(ジュン)が

いた事を思い出してあげてください。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・



              別れは突然に

 それは、あまりにも突然で、あまりにも悲しい、そして信じたくない、夢であってほしい出来事だった。


 レイン&ラトのお散歩だ~い好き


 2007年(平成19年)9月28日(金)午後4時過ぎジュンは、ひとりで旅立った。


ほんの1時間前まで元気でいたのに。ジュンの呼吸が変だと気付き動物病院へ。でも遅かった。


すぐに心臓は止まりそのまま帰らなかった。色々な思いが駆け巡り、涙が止まらない。


心のどこかで嘘だ!夢だ!と叫びながら、でも現実を受け入れなければならない。


訳の分からない悲しみが全身を襲う。ジュンの存在は大きかった。


心に空いた大きな穴、いつかは埋まるかもしれない。(たぶん埋まらない)


でもジュンの事は決して忘れてはいけないような気がして(絶対忘れる事はないけれど)


イヤ忘れたくないからこのページに、ジュンとの思い出、


そして、新しく来てくれた(きっとジュンが呼んでくれた)ミニチュアダックス、ラト


とのおはなし(ラトとは2ヶ月だけだったので、ほんの少しだけど)を書きたいと思った。


               運命の出会い
 

 2002年(平成19年)4月末、狭山池が狭山池ダムとして生まれ変わり、


池の周り2850mの遊歩道(狭山池公園)が完成した。その日から私は、毎日1周、


できれば2周、健康のために歩き始めた。


3ヶ月が過ぎたある日、新聞を読んでいた主人の言った一言がきっかけになった。


「一人で歩いていてもつまらんやろ?犬でも連れて歩いたらどうや。」


犬好きな私の反応は言うまでもない。(善は急げ)で犬探しを始めた。


するとタイミング良く、コミュニティ紙に「柴犬の赤ちゃん貰って下さい」と載っているではないか。


早速電話するも、すでに赤ちゃんの行き先は決まっていた。ショックを受けて落ち込む私、


それが分かったのか、主人は諦めず、まだコミュニティ紙を見ていた。


「おい、次のページにハスキー犬1歳貰ってくださいって載ってるぞ。」


「お父さん、ハスキーの1歳ってメチャメチャ大きいで、わかってんの?」


この時、私の頭の中は犬でいっぱいになっていた。犬が欲しかった。


「でも、見てみなわからんな、今から行こう。とにかく連絡とってみるわ。」


欲しいと思ったらすぐに欲しい私はまたもや電話する。


今度はまだ行き先が決まっていないというので、主人を誘って出かけることにした。


その子は、迷子になり、警察で保護され、日本動物福祉協会の方が預かっていた犬だった。


レイン&ラトのお散歩だ~い好き

何度か里親になりたいという人が現れ連れて帰るが、散歩が大変で女の人には無理、


若くないので無理、とかの理由で返され、里親を探していた。もし里親が見つからなかったら、


今度は保健所行きになるかもしれないというのだ。


私は、シベリアンハスキーのことを少しは知っていたので、きりっとした顔、するどい青い目、


ふさふさの毛、大きくてかっこいい姿を想像していた。いよいよ、ご対面。


一目見た瞬間(うわっ、でっかい顔、茶色の目、汚い毛並み、ガリガリの体)と驚いてしまった。


私の中のハスキーとはまるで違う犬が現れたのだ。主人と私を見ると喜んで飛びついてきた。


「ヨシヨシ、可愛いね。」


仕草はとても可愛かった。でも、心の中では(こんな汚い犬連れて帰るの?本当に飼えるの?


保健所行き?どうする?確かに大人しい、愛想はいい、だけど何か違う。)と迷っていた。


「名前は?」


「ジュンです。6月に保護したからJUNEにしました。変えてもらっていいですよ。」


その瞬間、私の中の迷いは吹っ飛び連れて帰ると決心した。


なぜ名前が「ジュン」だと聞いただけで決めたのか、主人にはわかったようだった。


結婚する前に私が飼っていた犬の名前が「ジュン」、それを主人は知っていた。


運命の出会いだった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジュンママ

Author:ジュンママ
★五月…2015.5.10生まれ
 シベリアンハスキーの女の子

★May…2015.5.10生まれ
 シベリアンハスキーの女の子

★ラト…2007.6.16生まれ
 ミニチュアダックスの女の子

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。